ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

熱いアニメおすすめ5選

      2016/03/11

熱い

 

熱いヤツ(アニメ)を5つ選びました。厳選しました。

前置きこの記事はあまりネタバレをしないようにできるだけ頑張っております。

スポンサーリンク

 

すごくおすすめの熱いアニメを5つ

四月は君の嘘

【Amazon.co.jp限定】四月は君の嘘 9(完全生産限定版)(クリアブックマーカーver.9付) [Blu-ray]

熱い。熱いだけじゃなくて暗いところもあるアニメだけど熱い。

演奏シーンがとても素晴らしい。Great。Wonderful。プロのピアニスト(阪田知樹さん)が弾いているようで素人目(素人耳)にも感動します。鳥肌ものです。

作画も恐ろしいです。恐ろしいほどハイクオリティーです。こんなにヌルヌル動いて作画崩壊も一切ないアニメは他にないでしょう。(まぁ唯一ほんの1カットだけ物議をかもしているものがありますがアレはアレでまぁアリかな、と。逆にね。個人的にはね。)

とくに宮園かをりの最初のバイオリン演奏シーンはジブリなみのカット数なんじゃないかとか思ってしまうほどの動きです。

そしてストーリーがヤバい。泣ける。熱い。泣ける。熱い。泣ける。見たことない人は騙されたと思って見てください。たぶん騙されませんから。

あと個人的な話&はてしなく余談ですが21話に出てきたマーシーの名言の検索した流れで最終話のネタバレをうっかり見てしまいすごくすごく残念な気分になりました。これまでの人生で一番ネタバレをうらんだかもしれません。このことで人生についても「分からないからこそ素晴らしい」という気持ちがより強くなってしまいました。ほんまネタバレええかげんにせえよ。(自分棚上げ)

ヒカルの碁

DVD-BOX「ヒカルの碁」全集

おっと、絵柄で侮るなかれ。熱さで言ったらこれはトップクラスです。

じつは以前も別の記事で感想を書いたのですが、もう一度チョイス。こんなに熱い展開がずっと続くアニメは他にないので。それでいて一切飽きさせないのがすごい。

切磋琢磨に次ぐ切磋琢磨。試練に次ぐ試練。成長に次ぐ成長。葛藤に次ぐ葛藤。努力に次ぐ努力。熱血に次ぐ熱血。

詳細な感想は以下の記事にて。

参考リンク「ヒカルの碁」の感想。日本財団学習マンガ100選その2

SIROBAKO

【Amazon.co.jp限定】SHIROBAKO 第1巻 (オリジナルデカ缶バッチ付 )(初回生産限定版) [DVD]

このアニメの熱さは“仕事に対する熱さ”です。アニメ製作を題材にしたものですがほぼ全ての仕事に共通するものがあると思います。あ、みんなでつくり上げる熱さもあるかな。

「安定のためにこんな仕事を続けていていいのか」
「好きだけじゃ飯は食えないのか」
「結果が出ない…頑張ってるのに結果が出ない……何が足りないのかな」
「俺って才能ないのかなぁ」
「どこまで周りとすり合わせなきゃいけないのか」
「自分にはこれしかないって言い聞かせているだけなのかなぁ」
「そもそも自分が本当にやりたいことは何だったのか」

日本全国の働く人がよくぶつかってそうなありふれた、でも解決しがたい葛藤を描いています。クリエイターの現実と理想もうまく描いていてそれ系の名言も多し。人生とはみたいなことをふと考えている人にもおすすめ。勉強になると思う。

見ていて「やってやるか」そんなふつふつとした熱い気持ちが湧き上がってくるアニメです。でも1話はちょっと間延びしている部分があるので、最初の話だけ見て離脱しないでね。

スポンサーリンク

 

天元突破グレンラガン

天元突破グレンラガン COMPLETE Blu-ray BOX(完全生産限定版)

いかにもといったベタな展開が続く熱血アニメ。こういった展開のものは最近のアニメではまずないんですが(と言ってもこのアニメも2007年ってけっこう昔ですね)、そんなベタベタ王道熱血を地でいくのがこのアニメ。でもそんな使い古されたプロットでも熱い何かを感じざるを得ないのがこのグレンラガン。今回の記事を見てこの作品を思い浮かべてしまった人もいるのではないでしょうか。

しかしあまりにもベタな展開もあってかストレートなわりに好き嫌いがはっきり分かれると思います。ストレートすぎて逆にそれがクセになってるというか。歪んだ時代になったもんだ。…とか思うのはぼくが歪んで見ているからだろうか

でもぼくは好きです。熱くなります。好きなキャラはカミナとキタンです。Row,Row,Fight the Power.

ちはやふる

ちはやふる Vol.2 [DVD]

「一生懸命」。この作品を一文で表すとしたらコレ。かるたに、恋に、夢に、自分が賭けているものに、信じているものに必死になって臨む姿に感動します。涙出ます。強い部分も弱い…というかもろい部分も一緒に描いていてそれがさらにキャラクターの懸命さを引き立たせています。

あとちはやキレイ。美しい。太一は声が違う、もっと爽やかだ(原作厨バンザイ)。新はかわいい(腐ってないよ)。しのぶちゃんも魅力的、なんとも言えない魅力。(ただもっとクセのある声のが合ってる気がする。原作厨バンz)

”かるた”という全く熱さとは無縁そうなものですが、熱いアニメです。これまで紹介した4作品とは違って爽やかな熱さです。ドロドロさが皆無の清々しい熱さです。甘酸っぱさも加味。これも名言多し。そぼくに、でも芯の通った言葉で背中を押してくれます。

 

以上熱いアニメ5選、これを見ればあなたの血が沸き立つこと間違いなしの傑作たちです。ぜひ見てみてください。

 - アニメ