ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

Anker PowerCore 10000のレビュー

      2017/02/07

Anker PowerCore 10000

今回は定番中の定番、鉄板中の鉄板として長くAmazonモバイルバッテリー部門のベストセラー1位に君臨し続けている、このAnker PowerCore 10000のレビューをしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

Anker PowerCore 10000の特徴と選んだ理由

ぼくは普段iPhoneを使ってるんですけど、やっぱり外で動画とか見たりしてるとバッテリーがどんどん消耗していって1日持たない日が多くなってきました。

でも外出中に電池切れを怖がって思いっきりスマホを使えないのはつらい。普通につらい。

ということでぼくもとうとうモバイルバッテリーデビューすることに決めました。

いろいろ調べてみるとやっぱりAnkerさんのモノが良さそう。モバイルバッテリー業界トップでクオリティは折り紙つきのようです。なかでも世界最小・最軽量の大容量モバイルバッテリーを謳っているPowerCore10000がすごく目立ってて良さそうだったので購入決定。

基本的に考えたポイントは容量、サイズ&重量、値段の3つです。

1.容量

充電するために買っているので、ここに不安があると困ります。

このバッテリーの容量は10000mAh。そこまで大きくないですが、決して小さくもない。iPhoneでいうと4回くらい充電できる分の容量があります。個人的に十分かなと。

2.サイズ&重量

普段持ち運びするものだし、実際使う時ってポケットとかにバッテリーいれて充電しつつスマホを使うことも多いのでサイズは大事。

で、PowerCore10000はかなりコンパクトです。ちょうどクレジットカードくらいの大きさですね。

Anker PowerCore 10000 大きさ比較

こんくらい。厚みはまぁまぁあります。2.2cm、100円玉くらいだと思ってもらっていいです。

PowerCore 10000 厚さ

重さは180グラム。(メーカー公表の数字だと259グラムってなってますけどこれはたぶんケーブルとかもろもろ合わせた重量でしょう) 10000mAhのモバイルバッテリーでは他の追随を許さない圧倒的な軽さとなっております。

3.値段

2000円代です。今は2200円くらいですかね。安い。圧倒的コスパ。

他社さんのモバイルバッテリーはこのスペックだと5000円以上はするイメージ。

 

スポンサーリンク

 

商品開封、外観、内容物

Anker PowerCore 10000 開封

Amazonからはこんな感じ届きました。あ、箱が二つありますけど片方はAnker製のライトニングUSBケーブルです。

※念のために伝えておくと付属のケーブルはあくまで電源(USB)からバッテリー本体につなぐためのケーブルです。モバイルバッテリー本体の充電はできますが、モバイルバッテリーとiPhoneなどのスマホをつないでスマホを充電するためのUSBケーブルは別途用意する必要があります。(iPhoneとかの純正ケーブルがある人はそれでもOK)
つまり電源→モバイルバッテリー用のケーブルは付属してるけど、モバイルバッテリー→スマホ用のUSBケーブルは付属していないということ。ご注意ください。

AnkerのケーブルはApple純正ケーブルより若干安いですし、かなり丈夫なのでおすすめです。

内容物はモバイルバッテリー本体、充電ケーブル(電源→モバイルバッテリー用)、持ち運び用ポーチケース。

PowerCore 10000 内容物

本体の見た目、いい感じです。

Anker PowerCore 10000

ポケットにもスポッと入ります。

Anker PowerCore 10000 ポケット

上の写真だとちょっと出てるように見えますけど実際にはもう完全に収まって見えなくなるくらいのサイズです。クレジットカードくらいの大きさなので。

コンパクトなサイズ感もいいですけど、脇についてるバッテリー供給ON/OFFスイッチもNice。通常は接続を自動認識してくれてケーブルが接続されると自動で充電を開始してくれるんですが、このスイッチを押すことでケーブルがつながってる状態でも充電をワンタッチ停止できます。便利。

PowerCore 10000 ランプ

青く光る残量LEDランプもシンプルでいい感じです。

実際に使用した感想、レビュー

実は買ったのは去年の11月くらいなんです。だいたい3ヶ月くらい使いましたね。

使ってみた正直な感想……

 

恐ろしく便利。なぜ今まで買わなかったのか……。

容量の面で不安かなーと思ってましたが蓋を開けてみると、全く問題ありませんでした。前評判通り3、4回はiPhoneを充電できるくらい容量はあるので日常使う分には十分でした。長期旅行の時もホテルとか旅館とかに電源は必ずあるのでバッテリー切れの不安はないですね。

収納面でもリュックの小さなポケットやパンツのポケットにいい感じで収まるので優秀です。ただ欲を言えば、付属の充電ケーブルが耐久性を重視しているせいか折り曲げにくいので一緒に入れるときに少し気になりますかね。

向いてる人、向いてない人

サイズと重量に関しては大きくて重い方がいいという人はまずいないと思うので、このバッテリーに不満を持つ人はおそらく容量的に物足りなさを感じる人だと思います。

さっき言ったみたいに実際ぼくももうちょっと大容量のものを買おうか悩んでましたし。

スマホだけじゃなくてパッドとかいろんな端末も同時に充電したり、電源のない環境に長期間いる人はもうちょっと上のランクのものを買った方が安心かもですね。

逆にいうと、そうじゃない人にはこのPowerCore10000がベストだと思います。普段使いで困ることはまずないはず。

まとめ

とりあえず普通にモバイルバッテリー買うならコイツでまず間違いないZE。