ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

【R】max.printの最大値とその設定

   

Rをやってると必然的に大規模なデータを扱うことが多くなります。

しかし、データをそのままwriteコマンド等でtxtファイルやcsvファイルに出力しようとすると

reached getOption(“max.print”) — N 行を無視しました
getOption(“max.print”) を越えました — 末尾 N 行を省略します

 

というエラーが出たりします。

max.printの値を超えた分のデータが省略されてしまうんですね。(max.printのデフォルト値は99999)

このmax.printの値を変更したい場合は

options(max.print=100000) 

という感じで指定すればOKです。

通常Rで扱える整数値は2147483647までなので、max.printに設定できる最大値は2147483647までとなります。
※これ以上の値を設定しようとするとNA値でエラーになります。どうしても2147483647以上の値を扱いたい場合はbit64ライブラリを使用するべし。

ちなみに現時点でのmax.printの設定値は

getOption("max.print")

で確認できます。

 

以上、ご参考になれば幸いです。