ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

話題のスマホRobinのスペックと特徴を分かりやすく

      2015/11/28

Robin The smarter smartphone – Youtube

 

9月初めに発表されたNextbitのスマートフォン、「Robin」。

まだ何が何だかよく分からない人のために、このRobinというスマホの基本スペックや特徴を簡単にご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

Robinの基本スペック

オフィシャルで公開されているスペック情報をまとめると、

OS Android
メモリー 3GB RAM
本体容量 32GB
オンラインストレージ 100GB(無料)
スクリーン画面 5.2” IPS LCD 1080p, Gorilla Glass 4
リア(背面)カメラ解像度 13MP
フロントカメラ解像度 5MP
バッテリー容量 2680mAh
プロセッサ Snapdragon 808
Bluetoothe 4.0 LE
スピーカー Dual front facing stereo speakers
重量 約150g
SIM nano SIM(SIMフリー)
GPS機能 有り

といった感じです。

ちなみに価格は2015/09/04現在、349$(本日のレートで41,531円)

 

スポンサーリンク

 

Robinの特徴

利用頻度の少ないファイルを自動でクラウドストレージへアップロードする機能がある。

Robinは定期的にファイル、アプリ等の使用頻度をチェックし、そんなに使われていないものは自動でアップロードする機能がついてます。これで本体の容量を最小限にして利用することができるとのこと。アップロードされたファイルはクラウド上でバックアップされます。

 

クラウドストレージの容量がとにかくデカい。そして無料。

100GBのクラウドストレージが無料というのはかなり異例だと思います。Dropboxが2GB、Google Driveで15GBですから無料のクラウドストレージとしてはトップ中のトップでしょう。

ですので「ファイル容量がいつもきびしい。安心して使いたいなぁ。」という人には向いていると思います。

 

安い。

安いです。ここらへんは今販売されているAndroidスマホの価格帯を調べれば一目瞭然。SIMフリーですしね。

 

 

Robinの購入

購入方法

購入するためには以下のKickStarterのページからどうぞ。
※日本からでも購入できますが、ページは英語表記なのでご注意を。

https://www.kickstarter.com/projects/nextbit/robin-the-smarter-smartphone

予定引渡し時期

今のところ2016年の頭頃になるそうです。

 

所感というか感想

コストパフォーマンスが高いと思います。(公表されているスペックのまま変更がなければ)安くて性能が結構良い。

デザインは好みが分かれるところなので何とも言えませんが、PVで紹介されていたサンプルの精度がちょっと怪しそうに見えるのは…ぼくだけかな。いやホントに気のせいかもですが。あくまでサンプルだし。うん。

 

 - PC、IT関連