ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

Twitterで政治的なコンテンツ(トレンド)をミュート(非表示)にする方法

   

経緯

最近のタイムライン、というかトレンドで政治的な話題、ハッシュタグがどうにも荒ぶりすぎている。
そういうアカウントをミュート、ブロックしててもPCではサイドバーに常にそういった政治的なトレンドワードが並んでいて目に入るし、
スマホでも何か検索しようと検索欄を開く度に表示される。
これは精神衛生上悪いのでどうにかミュートできないかと探した結果、けっこう良さそうな方法が見つかったのでシェア。

解決方法

Twitterの地域設定を変更する

今日(2020/05/25)現在、PC、スマホアプリともにトレンドを非表示にする機能はTwitterには無し。

しかし、地域設定を変更することで、表示するトレンドコンテンツそのものを変える(地域によっては非表示)ことができる。
政治的なコンテンツに限らず他のコンテンツも全て非表示になるが、とにかくこの方法で政治的なコンテンツを非表示にすることができる。

PCの場合の変更方法

まずはトップページの「もっと見る」をクリック。

すると表示されるリストから「設定とプライバシー」をクリック。

すると、以下のようなページが表示されるので、「国」という部分をクリック。

このなかから、自分が見ても意味が全く分からない言語(アラビア語とか)の国を選ぶか、そもそもトレンドがあまり上がってこない国を選択。

これで設定完了。

例えば、上の画像のように「ベラルーシ」を選ぶと、トレンド欄は毎日だいたい空欄。
あっても1件で、↓のような感じで一般人にはおよそ解読できずなんのノイズにもならないので、問題解決。

スマホ(アプリ)の場合

まずはトップページの「設定とプライバシー」をタップ。

表示される設定とプライバシーページの「アカウント」をタップ。

表示されるアカウントページの国をタップして、自分が見ても意味が全く分からない言語(アラビア語とか)の国、そもそもトレンドがあまり上がってこない国を選択。

これで設定完了。
おすすめ、トレンド、その他のあらゆるカテゴリーのコンテンツが実質非表示に。

以上、ご参考になれば幸い。