ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

Mac Magic Keyboardのレビュー

   

一ヶ月くらい前になりますけど、MacのMagic Keyboardを買ったのでレビューを。

開封の儀

Magic Keyboard

箱を開けるとこんな感じで内容物が入ってます。

Magic Keyborad 内容物

Thunderbolt充電ケーブルとキーボードと取説だけ。シンプルですね。

Magic Keyboard

 

 

スポンサーリンク

 

使ってみた感想

前置き

実はぼくはずっとREALFORCEを使ってきたんですが、実は何年たってもあまり合ってる気がしませんでした。その学生時代から使っているノートパソコンのキーボードのほうがいつまでたってもスムーズにタイピングできる感じでした。

ここは完全に個人の好みなんですが、ぼくは巷で最高と言われている静電容量無接点型のキーボードより、パンタグラフ型のほうが打ちやすかったという話。

これ以降の感想はそこらへんを踏まえて聞いてくれると幸いです。

良いところ

・打鍵感が軽い。Mac bookの打鍵感よりさらに軽いです。キーストロークもさらに浅めになっています。パンタグラフよりさらにパンタグラフ……みたいな感触です。個人的にはかなり好き。

・キーピッチも狭めなので手が小さめなぼくでもスムーズに打てます。※これはMagic Keyboradに限らずMacのキーボード全般に言えることですが

・アイソレーションキーボードなのでミスタッチがだいぶ減った気がします。※これもMagic Keyboradに限らずMacのキーボード全般に言えることですが

・Macbookのキーボードとサイズやキーピッチ、配列がほぼ同じなので、自宅でMagic Keyboardを使ってる時と同じ感覚で外出先でMBPを使える。

・Bluetooth接続が思ってたよりだいぶ便利。バッテリーも普通に使う分には数ヶ月は充電無しでいけるレベル。

※ちなみにぼくはJIS配列ではなくてUS配列を使ってます。US配列まじで便利。

悪いところ

・上下の矢印キー(方向キー)がすごく小さい

Magic Keyboard 上下キー

単純にめちゃめちゃ押しにくいです。手(指)が大きい人はさらにストレスだと思います。

ぼくらはこれまでの経験で「左キーの隣が下キーでその隣が右キーで……」みたいな感覚が自然とそなわっていると思いますが、その習慣と完全なるミスマッチを起こす構造です。下キーを押したつもりが上キーを押してたり、両方同時に押しちゃったり、上キーを押すつもりがその上のShiftキーを押しちゃったり……みたいなことが頻発します。キーを小さくしてもいいからせめてMacbookのキーボードみたいに方向キーの大きさは統一して欲しかった……。

いろんな記事で欠点として紹介されてる部分ですが、ぼくもここだけは変えて欲しいと思う唯一の点です。MBPともキーの大きさが違う唯一のところでもあります。ほんとなぜここだけに無駄に改悪したし……

Magic Keyboard Mac book 比較

ぼくは慣れるまで2週間くらいかかりました。慣れた今でも変えたほうがいいと思う点です。

まとめ

打鍵感が軽くてパンタグラフが好きでキーストロークが浅めが好きで、矢印キー(上下)が小さくてもまぁ大丈夫、という人には超おすすめです。