ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

Youtubeの字幕が中国語とか韓国語になってしまう時に日本語に直す設定方法

      2017/02/25

Youtube 字幕

スポンサーリンク

 

Youtubeの動画って最近字幕がついてるのが多くなりましたよね。

あ、映像自体に組み込まれてる字幕じゃなくてYoutubeの標準機能でついてる字幕のことです。

 

この字幕なんですが動画再生した時になぜか韓国語になってたり中国語になってたり……意味不明な外国語になってたりおかしくなってるときがたまーにあるんですよね。

原因

1.視聴者の環境や動画投稿の際の言語設定等をYoutube側で自動判定した際に他言語を割り当ててしまっている

2.投稿者がデフォルトで用意している字幕がそもそも外国語(韓国語、中国語、英語等)だけ※投稿動画を海外の人にもアピールしたい場合には外国語の字幕だけを作ることも多いようです

Youtubeの字幕を日本語に直す対策、設定方法

1.視聴者の環境や動画投稿の際の言語設定等をYoutube側で自動判定した際に他言語を割り当ててしまっていることが原因の場合

この場合は表示する字幕を設定し直す必要があります。

まず画面右下にあるYoutubeの設定ボタン(歯車ボタン)を押しましょう。

Youtube字幕 設定

するとこんな感じの項目が表示されます。

Youtube字幕 設定項目

 

この中の「字幕」という項目をクリック。

Youtube字幕 設定項目2

 

そうすると表示可能な字幕が出てくるので、この中から「日本語」を選んで変更しましょう。

Youtube字幕 日本語になおす

これで字幕が外国語から日本語に直ります。

2.投稿者が用意している字幕がそもそも外国語(韓国語、中国語、英語等)だけになっていることが原因の場合

この場合はそもそも日本語字幕が作られていません。

なので、外国語字幕が邪魔だったら消すしかありません。

画面右下にあるキャプション(字幕)ボタンを押せば字幕のオンオフができるので、これで消しましょう。

Youtube字幕 オンオフ

そもそも投稿者が日本語字幕を用意してない動画って動画内に日本語のテロップが入ってるはずですしね。むしろ日本語の字幕ですら邪魔ですしね。

以上、対策法、設定方法でした。ご参考になれば幸いです。