ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

サーモスFFMシリーズの一番のおすすめはこいつ

      2016/11/25

サーモス FFM-500 SBK

スポンサーリンク

 

便利ですよね、サーモス。特に良いのはステンレスボトル。携帯用水筒の中ではダントツのコスパを誇ると思います。

タンブラーとかの方が見た目はいいんですけど、どうしても保温性に難有りですし、容量も少なめなんですよね……。保温と保冷どっちかにしか対応してないモデルも多いし。

そういうことをいろいろと考えていくと、行き着くのはやはりステンレスボトルタイプ。

ぼくもいろいろ使ってきましたけど、FFMシリーズの最高のモデルは間違いなくこいつ、「FFM-500」です。

 

保冷保温性能トップクラス。(保温効力:6時間/74度以上、24時間/46度以上 保冷効力:6時間/10度以下)

手頃な500mlサイズ。直飲みもコップ飲みも可能。

安心のサーモスクオリティーなのに1000円台という圧倒的なコスパ。一番のおすすめです。

ちなみに最初にFFMシリーズとつけ加えたのは直接飲みする人は「JNLシリーズの方がいい!JNL-502こそ至高!」という人もいるかなーと思ったからです。

ただJNLシリーズはちょっと値段がお高めですし……FFM-500の方が保温保冷性能も高いしいろいろ使い分けもできて万能。

例えば、外蓋がそのままコップになるとことか。(けっこう飲みやすい)

FFM-500 コップ

このまま注げます、こんな感じで。

注ぎ方

すばらしい。

もちろん直飲みもできます。

直飲みする場合

使い分けが可能なのです。(直飲みだけに限ればJNL-502の方が飲みやすいのは間違いないですけどね。フタが持ち上がる角度が大きいので口を思いっきり近づけられるため ※ただコップ付きじゃない直飲みタイプだと飲む前にお湯の温度を知ることができません。思いがけず熱湯が出てきて「うわぁ!あつぃ!」みたいになること多し。保温能力が高い分ほぼ水筒に入れた時の温度で出てくるので注意が必要です)

保温保冷両方できますし、どちらの性能もそこらへんのタンブラータイプでは全く太刀打ちできません。

もし壊れても替えの部品(パッキン部)も300円くらいという良心価格。ちなみにぼくはこのシリーズをもう2年くらい使ってますが、破損や劣化は今のところありません。

1000円代のステンレスボトルの中では間違いなく最強でしょう。

あえて不満を言うならもっとカラーバリエーション増やしてほしいかなぁ。今のところこのモデルはブルー(BL)、ブラウン(BW)、シルバー(SBK)の3色展開。ブラック出してぇ

まぁだいたい携帯水筒選びになるとコスパ重視でサーモスかタイガーか象印か……みたいな感じが多いと思うんですけど、コスパ重視のなかでさらにコスパ重視するならコイツかなと。あとデザインは好みになってきますけどたぶんだいたいの人は………ね。

うん。すばらしい。

 - 美容、健康