ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

スカイ・クロラシリーズの時系列

   

空

森博嗣著、スカイ・クロラシリーズは刊行の順序と実際の時系列順序が違うのでちょっと備忘録も兼ねてまとめておくことにしました。

あと各タイトルの意味(和訳)も補足として付け加えておきます。

スポンサーリンク

時系列まとめ

時系列的に順番をつけると以下のようになります。

1.ナ・バ・テア None But Air
2.ダウン・ツ・ヘヴン Down to Heaven
3.フラッタ・リンツ・ライフ Flutter into Life
4.クレイドゥ・ザ・スカイ Cradle the Sky
5.スカイ・クロラ The Sky Crawlers
サイドストーリー:スカイ・イクリプス Sky Eclipse

ちなみに刊行順は

1.スカイ・クロラ The Sky Crawlers (2001年刊行)
2.ナ・バ・テア None But Air (2004年刊行)
3.ダウン・ツ・ヘヴン Down to Heaven (2005年刊行)
4.フラッタ・リンツ・ライフ Flutter into Life (2006年刊行)
5.クレィドゥ・ザ・スカイ Cradle the Sky (2007年刊行)
6.スカイ・イクリプス Sky Eclipse (2008年刊行)

となっています。

ナ・バ・テアの意味

副題(英題):None But Air

周りには、空気しかない。何もない。

補足直訳とは違いますが、作中の言葉を引用しました。一応なぜナ・バ・テアという題名になのかを説明すると、副題のNone But Air(ナゥン、バット、エア)を本来の英語の読み通りに発音するとナゥンバッテァ……ナ・バ・テアというわけです。フラッタ・リンツ・ライフも同様です。

ダウン・ツ・ヘヴンの意味

副題(英題):Down to Heaven

天国へ堕ちる

補足直訳とは違いますが、作中の言葉を引用しました

フラッタ・リンツ・ライフの意味

副題(英題):Flutter into Life

生に震える

補足意訳です。飛行機の翼におこる振動のこともフラッタ(Flutter)と呼ぶので、森博嗣先生のことだからこれにもかけているんだろうなぁと思い、上のように訳しました。

クレイドゥ・ザ・スカイの意味

副題(英題):Cradle the Sky

空を抱く

補足これも意訳です。

スカイ・クロラの意味

副題(英題):The Sky Crawlers

空を這うもの

補足シリーズのなかでは一番最初に刊行されましたが、時系列的には一番最後の物語になります。

スカイ・イクリプスの意味

副題(英題):Sky Eclipse

空蝕

補足該当する単語はなく、造語だと思われたので意訳しました。イクリプス(Eclipse)は日蝕の意です。なお、この本は各話のサイドストーリー集のような位置づけです。話は飛び飛びで時系列的な順番はつけれません。

 - 小説