ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

マットレスを無料orできるだけ安く処分する方法を調べてみた

   

マットレス処分

ほんと処分に困りますよね。マットレスって。

ということで、マットレスをできるだけ安くorできるなら無料で処分する方法を調べてみました。

スポンサーリンク

リサイクルショップへ持ち込む

リサイクルショップ

予想費用0円orプラス収益
メリット無料orプラス収益で処分できる、すぐ処分できる
デメリットある程度マットレスに価値が必要、車などで店頭に持ち込む必要がある

モノによっては逆にお金をもらえることもある選択肢です。すぐに引き取ってもらえる点もGood。

ただこれが可能なマットレスというのはある程度値段がつくものでないといけません。でないと引き取ってもらえませんので。

引き取り不可と判断された場合は無駄足になってしまうのでリサイクルショップへ持ち込む前にある程度自分のマットレスの市場価値を確認するべし。

前もってリサイクルショップに電話してマットレスのブランドや状態を伝えて値段がつくか引き取ってもらえそうかを聞いてみましょう。

ネットオークションで売る

ネットオークションサイト

予想費用プラス収益
メリットプラス収益で処分できる
デメリットある程度マットレスに価値が必要、処分までに時間がかかる

ヤフーオクションなどのネットオークションサイトで売る方法。

この場合は(送料の計算などにミスがなければ)必ずプラス収益になります。高額な送料もあってマットレスの中古品に買い手をつけることはけっこう難しいのですが、状態が良くブランド価値のあるマットレスをお持ちの場合はぜひこの方法を活用してみましょう。相場的にリサイクルショップよりは高く売れるのも魅力。

参考までにヤフオクでの相場を調べてみたら、

・ニトリ/シングルタイプ/中古美品→1円
・エアウィーヴ/シングルタイプ/中古→20000円
・無印良品/ダブル/脚付き/中古→1000円

みたいな感じでした。(2016年2月時点)

ただ落札されたものは使用期間半年以下のものがほとんどで、まだ使えたとしても状態が良くないものは出品はされていても落札されにくいようです。

それと出品→落札→マットレス発送までにどうしても数日はかかるので、すぐにマットレスをどうにかしたい人にはこの処分方法は向きません。

マットレスを安く送ってくれる運送業者

で、実際に落札者にマットレスを送るときにどういった業者がいいか、という話。

いろいろ業者はありますが、個人で送る場合はヤマト運輸の「大型家具・家電配送 らくらく家財宅急便」がおそらく最も簡単かつ安いでしょう。

らくらく家財宅急便

参考リンク大型家具・家電配送(らくらく家財宅急便)|ヤマトホームコンビニエンス

大型家具・家電配送(らくらく家財宅急便)電話窓口情報

総合受付電話番号:0120-008-008(フリーダイヤル)
受付時間:8時~21時(年中無休)
大型家具家電配送らくらく料金検索ページ

 

スポンサーリンク

 

自治体のゴミ処理場に持ち込む

ゴミ処理場

予想費用500円~1000円(場合によってはプラス収益)
メリット非常に安く処分できる、どんな状態の悪いマットレスでも処分できる
デメリット車などで処理場まで持ち込む必要がある

マットレスに値段がつかないような場合はおそらくこれが最も安くすむ処分方法になるでしょう。

処分したいマットレスというのはたいてい状態が良くないものなのでリサイクルショップで引き取ってもらえなかったり、オークションでも売れないことが多いです。

そういう場合の処分方法がコレ。だいたいこのパターンになるかなぁ。

自分でマットレスを運び込まなければいけないのが面倒ですが、まぁ仕方ないですね。

新しいマットレス購入時、お店に引き取ってもらう

マットレス引き取り

予想費用0~1000円
メリット無料or非常に安く処分できる、すぐ処分できる、どんな状態の悪いマットレスでも処分できる
デメリット車などで処理場まで持ち込む必要がある、処分できる条件とタイミングが限られている

いままで使っていたマットレスを処分するということは新しいマットレスを購入するという方が多いはず。

お店によってはマットレス購入時に前に使っていたマットレスを引き取ってくれるところもあるので可能であればお願いしましょう。

ただ当然のことながらそのお店で新しいマットレスを買ったタイミングでしか引き取ってもらえないでしょう。ご注意ください。

逆におすすめできない方法

廃品回収業者、不要品回収業者にはマットレスの処分を依頼すると1つ数千円、場合によっては万単位になることもあるのでおすすめできません。

トラブルもよく聞くので、良心的な業者を知らないかぎりはやめといた方がいいでしょう。

まぁ楽なことは楽なんですけどね。

以上、ご参考になれば幸いです。

 - 家具、インテリア