ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

ハーマンミラーのエンボディチェアを1年使ったので感想を

      2016/08/23

エンボディチェア

スポンサーリンク

ハーマンミラー エンボディチェアを使用した感想と他との比較

1年くらい使用してみた感想

不満はありません。

あ、勘違いしないで。「不満がない」というのは日常使うものについて最上級の褒め言葉なんです。

どんなに良い製品でもたいてい「最高なんだけど○○だけ微妙なんだよなぁ」とか「すごく良いんだけど△△もっとがこうなってたら理想だよなぁ」みたいに何かしらの不満はあるもので、それがないor思いつかないというのはもうスゴいことなのです。

ずっと使ってて何もストレスを感じないというのはもうそれだけで95点くらいあげてもいいんじゃないでしょうか。

ということで95点。

座り心地、腰背骨周辺のサポート(腰痛、疲労感軽減)、肘置きの調整機能、背骨に沿うようにぴったりフィットする背もたれのカーブ、何一つ文句はありません。

足りない5点の理由を言うなら値段。高い。ずっと使うものとはいえホント高い。

何もストレスを感じない仕組みを改めて見てみる

これがぼくだけにぴったりなオフィスチェアとかだったら話は違ってくるんですが、このエンボディチェアはいろんな仕組みによってあらゆる人の”ぴったり”になるように作られています。

その仕組みをご紹介します。

座面の素材

エンボディチェアの座面材質

肌触りの良いファブリック素材です。普通のメッシュ素材は通気性はいいけど擦れた時の肌触りが悪かったり破れたりします。

でもこの素材は通気性を保ちながらも優しい肌触り。耐久性も抜群。

というかエンボディチェアは12年保障だし壊れるとかは気にしなくていい。

 

スポンサーリンク

 

シート高さ調節機能

エンボディチェア座面高さ調整つまみ

もちろん座面の高さ調整ができるのは当たり前。このつまみで調整します。

座面の奥行き調節機能

エンボディチェア座面奥行き調整

なんと座面の奥行きも調節できるのです。これ地味に大事。

リクライニングの硬さ、範囲調節機能

エンボディチェアリクライニング範囲調節

エンボディチェアリクライニング硬さ調節

硬さだけでなく、リクライニングの範囲も調節できます。

背もたれのカーブ調節(バックフィット調節)機能

そしてなんといってもエンボディチェアの一番の特徴である98%の人類に適合する(らしい)この背もたれ。

エンボディチェアの背もたれ

人間工学によって導き出されたこのカーブ……美しい。

エンボディチェアの欠点……というか向かない人

唯一人によって違和感を感じそうな部分はココ。

エンボディチェアヘッドレスト

そう。ヘッドレストがないのです。頭をあずけたい人にとってはここがネック。

アーロンチェアも公式のヘッドレストはないんですが、非公式でヘッドレストパーツが売ってたりするのでなんとかできたりします。値段は1万5千くらい。エンボディチェアのヘッドレストは今のところ見たことないです。

他に欠点らしい欠点はないんですが、この点はどうしようもなさそうなのでヘッドレストがどうしても欲しい人は別の椅子を選んだ方がいいかも。

アーロンチェアとエンボディチェアを試座して比較した

実はアーロンチェアも3ヶ月くらいつかってみたのですが、ちょっと違和感があってエンボディチェアにしました。ホントもったいない。今でも後悔してます……。

その人に合うかどうかはやっぱり実際にアーロンチェアとエンボディチェアに座って比べてみないと断言できないところですが、エンボディチェアの方がしっくりくる人が多いと思います。ハーマンミラーの人も営業トークの可能性はあるけどそう言ってました。というか構造的に点で支えるアーロンチェアより面で支えるエンボディチェアの方がいいはず。好みの問題かもだけど。

座面のメッシュ素材が使われています。ファブリックの方が細かくて優しい質感なので個人的にはエンボディチェアに一票ですが、ここらへんも好みの部分ですね。

ただアーロンチェアの方が3、4万安い。そしてメッシュ素材なのでエンボディチェアより通気性が良くて蒸れにくい。あとサードパーティ製ヘッドレストパーツもあります。ここらへんはエンボディチェアより良い点だと思います。

あ、ちなみにエンボディチェアは後傾姿勢向きですが、アーロンチェアは基本的に前傾姿勢向きです。購入する前にそこはご注意を。

セイルチェアとエンボディチェアを試座して比較した

このセイルチェアは7万円程度とリーズナブルながらすごくフィットします。ただ背もたれ素材がゴムなのが難点。おしゃれですけどね。

このゴムが伸縮してくれるからこそもたれかかった時に背中にピッタリ張り付いてくれるのですが、エンボディチェアやアーロンチェアのように骨組みでしっかり支えてくれるわけではありません。だからその座り心地とは裏腹に意外と腰と背中には負荷がかかっています。さらに言えばゴムなのでヘタリます。

まぁそうはいっても座り心地はとてもいいのでちょっとおすすめ。※このセイルチェアは実際に購入したことはないので試座した時の感想&営業さんの話です。

エンボディチェアが試座できる場所

この価格帯のオフィスチェアになるとなかなか置いてるところないですよね。

近くのハーマンミラーストアかIDC大塚家具とかがいいんじゃないでしょうか。どちらの店舗もない地域の場合は地元の家具屋さんに片っ端から問い合わせるべし。

ただネットより高いことが多いので買うときはAmazonとかのが安いしいいかもです。

 - 作業効率化