ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

テレビを送る時の宅配業者の選び方

      2016/01/18

テレビ

 

今日テレビを送ったんですが「どの業者で送ったらいいのか」とか「どれで送れば一番安いのか」とか「そもそもコレは送れないのか」とかがイマイチ分かりにくかったので情報を整理してみました。コールセンターのお姉さんから間違った情報を教えられることもあったりしますし。ぼくのように……ね……

ということで今回は「テレビを送る時の宅配業者の選び方」です。

スポンサーリンク

 

テレビの配達をしてくれる宅配業者

基本的には

ヤマト運輸

・ヤマト運輸
ホームページhttp://www.kuronekoyamato.co.jp/top.html

 

佐川急便

・佐川急便
ホームページhttp://www.sagawa-exp.co.jp/

の2つです。

他にも西濃運輸とかがありますが個人のテレビ宅配とかはちょっと難しいようですし、引越し業者とかは高額なので今回の記事では除外させてもらいました。

 

クロネコヤマトに頼む場合

一番安いプラン

結論から言うと、

・緩衝材も含めてテレビをちゃんと保護できる形で梱包されている

・一人で安全に運べるサイズと重さ

の2点を満たしていれば「ヤマト便」でOKです。いろいろ調べたけど個人で頼むときはたぶんこれが一番安い。

参考リンクヤマト便(個人のお客様) | ヤマト運輸

 

テレビの宅配や配送とかをネットで調べた時に目立つのはやっぱり「らくらく家財宅急便」で、このサービスのフリーダイヤル(0120-008-008)にかけると

「購入時テレビが入っていた商品箱が有って中の緩衝材とかも残っている状態以外はらくらく家財宅急便じゃないとダメ!」

みたいな案内をぼくの時のようにされるかもしれませんが、これは間違いです。オペーレーターさんもヤマト運輸の全サービスの内容を知っているわけではないので……仕方ないでしょう。

 

最寄りのヤマト運輸営業所に問い合せみると分かりますが、宅配ドライバーさんが(人的にも中身的にも)安全に運べるように梱包してあって規定のサイズ、重量ならばテレビであってもヤマト便で取り扱いは可能です。

ちなみに安全に運べるかどうかの基準は実際に集荷にきてくれたドライバーさんの判断となります。(営業所持ち込みの場合は受付の人の判断)

最寄り営業所のドライバーさんいわく、30インチくらいまでのテレビだったらダンボールをガムテープで切った貼ったして梱包して、液晶面にプチプチとか貼って緩衝材(新聞紙とか)を入れれば大丈夫らしいです。※営業所毎に判断が任されているらしいので、どこでもこの基準かどうかは保障できません。あしからず。

ヤマト便の料金の例

東京→大阪 容積換算重量60kgの場合:2,592円

参考リンクヤマト便料金表 | ヤマト運輸

 

スポンサーリンク

 

ちょっと割高になるけどサボりたい人へのプラン

ただね………さっきみたいにテレビを梱包するのってめちゃくちゃ面倒くさいんですよ。まずプチプチとか持ってないし。ダンボールをテレビサイズに切った貼ったするって……ねぇ?

必要なものが用意してあっても初心者には1、2時間かかる感じ。

で、少し割高になるんですがサボりたい人にはさっきの「らくらく家財宅急便」がおすすめです。これは自分で商品を梱包する必要はありません。ドライバーさんが代わりにやってくれます。

よほどダンボールを余分に大きくしないかぎりクロネコ便の方が安いのですが、料金差が数百円程度のときもあり自分で梱包する手間を考えるとらくらく家財宅急便の方が良いという判断になるかもしれません。

ちなみにぼくはこれでテレビを送りました。楽でした。

らくらく家財宅急便の料金の例

東京→大阪 Aランク(3辺合計160cm)の場合:3,348円

参考リンク大型家具家電の輸送 らくらく料金検索

 

佐川急便に頼む場合

ちなみに大型家具・家電設置輸送サービスというのは個人では取り扱いができません。

また法人でもスタッフ2人を使っての配送先設置も含めたサービスということでけっこう値段が高く、あまりよほど特殊な状態でない限りは実用的ではない。

ですので佐川急便の場合、個人がテレビを送ろうとすると「飛脚ラージサイズ宅配便」というものになります。

 

こちらもテレビを送る際の条件が3つほどあります。

・緩衝材も含めてテレビをちゃんと保護できる形で梱包されている

・一人で安全に運べるサイズと重さ

・3辺合計260cm以内

これが満たされているならテレビを宅配してくれます。ヤマトと同じように運べるかどうかは営業所ドライバーさんの判断になります。

ただこれはほぼ同内容のヤマト便と比べると若干値段が高くなってしまう場合が多いようです。(条件によっては佐川の方が安いこともあるかもですので保障はできませんが)

遠くの地域の場合は差が少ないですが、近くの地域へ発送する時はけっこう料金差がある感じ……。

飛脚ラージサイズ宅配便の料金の例

東京→大阪 180サイズの場合※ダンボールでの大きさなのでテレビ本体より若干大きくなります:2,754円

参考リンク飛脚宅配便・飛脚ラージサイズ宅配便|料金一覧|佐川急便株式会社<SGホールディングスグループ>

 

まとめ

ダンボールとか緩衝材とかいろいろ使って手間かかってもいいから、安くしたい!→ヤマト便

 

ちょっと数百円~数千円高くてもいいから、自分で何もしたくない→らくらく家財宅急便

 - 雑記