ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

2015年印象に残った記事アワード #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

   

休み前にもふまん(@neet_me)さんからハイパーリンクチャレンジのバトンをいただいたのでちょっと書いてみます。

参考リンク全米が泣いた!2015年良記事選手権! #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

 

ちなみにもふまんさんはぼくが知る限りブロガー界一のイケメンです。あんなTwitterのアイコンにしてるけどほんとにイケメン。甘いマスク。

そしてトークも軽快かつフレンドリーかつユーモアに富んでいて1mmも気取らない感じがさらにそのイケメンさを増幅させてます。

今回のバトンをわたすときだってこのブログの紹介の他におススメ記事の宣伝までしてくれちゃってます。もうイケメン以外の言葉が見つかりません。あ、あと優しい。

 

スポンサーリンク

 

HyperlinkChallenge2015ってなに?

で、ですね。ぼくも最近もふまんさんから言われて知ったんですけどね。ハイパーリンクチャレンジっていうのがあるんですよ。

【ハイパーリンクチャレンジ2015】僕にとって今年1番おもしろかった記事。鳥井弘文 #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

この企画の趣旨とか概要はけっこう長くて読み飛ばされてしまうかもしれないので簡単にまとめると、

「他の人の今年の記事で印象に残ってるヤツ1つと自分の今年の記事で印象に残ってるヤツ1つを紹介!次にこれをしてほしい人を2,3人指名する!」

みたいな感じです。詳細な概要とかが知りたい人はリンク元へGO!

 

ではさっそく本題に入りましょう。

 

2015年印象に残った記事

他の人の記事編

2015年。いろいろありましたがいろいろ記事を見たなかで一番印象に残ったのはコレかなぁ。

リースさんの記事謝るな 謝罪は弱さの表れだ

リースさんのこの記事、失礼なことをいえばホッテントリ入りとかはあまりしなさそうな類いの記事なんですが(ほんとに失礼)、ぼくは一番印象に残っています。

最初はタイトルを見た時に「こ、これは……すごく頭の固そうな匂いがするぞ……」と思ってしまいましたが、いざ見てみるとその中身は真摯な姿勢そのもの。

「面白い!」というタイプの記事ではありませんが、ぼくらジャパニーズピーポーにとっては耳の痛い話でいろいろと考えさせられるものがあります。

面白い系の記事も好きですが、こういった真面目な記事も個人的には大好きなので一票を。TLを遡ってみた感じでは今回のハイパーリンクチャレンジにはこういったタイプの記事少なそうですし。

 

自分の記事編

ぼくが書いた記事で今年一番印象に残ってるのは……これかなぁ。

ためのの記事青春(黒歴史)のボイパ

いや本音を言えばもっとニーズのある記事を出したいところなんですが、企画の趣旨にある「何が一番印象に残っているか?」と言われればコイツの気がします。決してもふまんさんからすでに紹介されているからとかじゃないよ!実際かぶってあせったけど

この記事に関しては前もって語ることはたいしてありませんので、実際に見ていただいてちょっとでも楽しんでもらえればと思います。

 

なおこの企画では次の2,3人にバトンをわたすことになっているのですが、この記事を書き上げた時間(今)が締め切り当日20日の20:09。

……うん。無理だね。

さすがにここからはバトンをわたすのはきびしいので次の人の指名は行わないことにします。(主催者の方々もそれでもいいって言ってるらしいし)

 

さて……受賞結果も含めて最終的にこの企画がどんな感じになるか楽しみです。

 - 雑記