ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

内山麿我さんの言っていることをまとめて理解しようとしてみた

      2015/11/24

3連休のプチ旅行から帰宅し、週末のニュース記事をてきとうに見ていたらこんな記事が目にとまった。

Yahoo!ニュース 内山麿我、ディズニーに怒り爆発「調子のってるんじゃねーか?」

絶賛炎上中だけど、批判に対してTwitterやブログで昨日今日と反論している。

今回の記事はその彼の言い分を理解しようと思うもの。ではさっそくやってみよう。

スポンサーリンク

 

内山麿我さんディズニー調子のってる騒動

今回の騒動に関する記事は今現在(2015/11/23 21:55)のところ、以下の3つだ。

1番目の記事 ディズニー、むかついた

2番目の記事 だから、、、、

3番目の記事 なんだか

 

うん……内山麿我さんには失礼だと思うけど思ったことをそのまま言うと、みんなが批判しているように論点がうろうろしてて要領を得ない……。そして本人も途中から伝えることをあきらめているようで、最終的な結論……というか主張もぼんやりしている。トゲはあるけど鋭くない。これはもうアレだ。叩かれちゃう典型的なヤツだ。

 

あ、いちおう「記事読むのめんどくさい、時間がない」という人のために今回の流れをかんたんにまとめた。

簡単な経緯まとめ

結婚式当日または翌日であれば、入場規制中でも入れるチケットをGET
→お嫁さんが臨月のため、通常の1dayパスに交換した※このチケットには「入場規制中は使用できません」と注意書きが書いてあった
→後日ディズニーに行く
→入場規制時のため、そのチケットでは入れないと断られる
→なんとか入れないかと交渉する
→ディズニーのキャスト(係員)がこれならイケるかもと提案を出す
→その条件を満たす
→実はそれができなかったことが分かる
→ねばる
→規則ですから。ごめんなさい。
→内「ディズニー調子のってる」

 

スポンサーリンク

内山さんが言いたい(んじゃないからなぁと思う)こと

初め言っておくと「最終的にどちらが悪いのか、入場させるべきか」みたいな話は内山さんに分が悪いと思う。

記事内で話している事情も全て、「チケットに記載してある注意事項を確認していないという過失」と天秤にかけた時にディズニー側の方が分が良い。本人の物差し(天秤)では分からないけど、少なくても世間一般はそう判断しているようだ。ぼくもそう思う。

 

ただ記事を読んでいて内山さんが伝えたいのはそこじゃない気がした。(たぶんきっと恐らく)「ディズニー側の対応はホントにこれでいいんだろうか?いや俺も悪いけどさ、相手も悪いところがあるでしょ。ちょっとなおした方がいんじゃない?」ということなんじゃないだろうか。(たぶんきっと恐らく)「俺の方が正しいよね?」ということを言いたいわけじゃなくて「いや俺悪いかもだけど、これってさもっとなんかやりようあったんじゃない?」ということなんじゃないだろうか。もともとは。

ただ実際の発言からはさっきの文でいう「いや俺も悪いけどさ」という反省の弁が99%90%抜けさっていて、「これってどうなの?ねぇこんな対応どうなの?ねぇ君たちネット民のこういう態度ってどうなの?」という相手への批判だけが強調されているので、言われている側からすれば「え何で開きなおってんの?自分が悪いって分かってないの?ブーメランなのわかってないの?マロカ調子のってるの?」と総ツッコミしてしまう。

ちょっとこんがらがっている話をまとめるとこんな感じなんじゃないかなぁ。

内山さんも批判側もひたすら相手へのツッコミばかり声を大きくしていってるからこじれてる感じがする。 お互いもうちょっと相手の伝えたいことを考えると平和になるんじゃないかなぁ……とか思って今いきおいでこの記事を書いた。

まぁ……実際のところは分かんないんだけどね!!(丸なげ)

 - 雑記