ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

掟上今日子の備忘録の原作(小説)を読んで感想というか一言

   

 

掟上今日子の備忘録

「今日子さんには、今日しかない。」

 

前置きまだ読んでない人のために、この記事はストーリー上の具体的なネタバレはしないように頑張っております。

スポンサーリンク

長い前置き

どうやら10月からドラマになるらしいので(ガッキー主演)、原作である小説の方を読みました。

原作者は西尾維新先生。若手の小説家ではトップクラスに有名な方だと思います。ヒット作、アニメ化作品が多いですからね。(2014年の作家別売上1位) 作品の中で有名なのは化物語とかの物語シリーズでしょうか。このシリーズはぼくも小説で何冊か読みました。

 

物語シリーズの作風はかなり特徴で、小説版でもアニメ版でも一回見たら忘れられないと思います。好き嫌いは思いっきり分かれそうですけど個人的には好きですね、あの背景描写少なめで登場人物の会話だけでストーリーが進行していく感じ。そういえば一時期かなり化物語のパクリ風の作品が増えたことがあったような…気のせいだな。うん。

 

本作、掟上今日子の備忘録は物語シリーズの作風とはけっこう違います。普通のミステリー小説(カジュアル風味)と言っていいですね。西尾維新作品の中では一番万人受けしそう。硬派なミステリー小説と違って文体もストーリー進行もカジュアルなのでサクサクと読み進められます。(原作では日常使わない語句もたまに出てきますが、それは小説のご愛嬌ということで) 設定も良いと思います。設定の中身自体は一応ネタバレになるので言えませんが、ありそうでない設定だなぁ、と思います。

 

ちなみにこの掟上今日子の備忘録、原作の方では忘却探偵シリーズの中の1作目です。(2作目に掟上今日子の推薦文、3作目に掟上今日子の挑戦状と続きます。10月に掟上今日子の遺言書が販売予定とのこと。腹黒い効果的な販売時期ですね。)

ドラマ版では原作のどこまでを範囲を放送するのかわかりませんが、一応タイトルは一作目の掟上今日子の備忘録だからそこらへんまでかなぁ。

スポンサーリンク

感想、言いたいことを一言

長々と前置きを話しましたが、ぼくがこの記事でお伝えしたいことはアレです。

 

ドラマを見る前に小説を読め……とは言わない。むしろいきなりドラマでいいかもしれない。

ということです。

 

この小説を読むまでは正直いくらかの有名な新垣結衣といえども、これ系の実写化は微妙になるかなぁ…と個人的には思っていました。だってあのヅラだよ?ガッキーでも…いやガッキーだからこその違和感が。それにこれ系の実写は森博嗣先生のすべてはFになるでコケ…いや火傷し…いや綾野剛の無駄使…微妙になるってなんか悟らされたじゃないですか。(偏見)

でも実際に小説の方を読んで感じたのは、「ドラマ映えしそう。名探偵コ……普通の探偵モノよりは確実に実写ドラマ化に向いている。」ということでした。

 

何が向いてるって、設定です。設定がすごくドラマ向きなんです。それ一つでいろんな演出がドラマ映え、テレビ映えするなぁと思いました。

あと成功するかどうかはあのヅラがどれだけ違和感をはなつかだな…と個人的には思っています。

 

あ、もちろん小説で先に読みたい場合は小説でぜひぜひ。

 - 小説