ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

人はマズローを無視できないが、ブロガーはできる。

      2016/08/31

階段

人の欲求は、階段になっている。

 

はい。かの有名な「マズローの欲求5段階説」のことです。

この理論は人間の欲求がどういうふうに決まっているのかをうまいこと説明してくれてるやつなんですが、ブロガーはこれ完全に無視してると思うんです。

 

マズローの欲求5段階説のポイント

まず、このマズローの欲求5段階説を知らない人のために簡単に説明させてください。大丈夫だよ。そこまで難しくないからね。閉じないでね。

 

マズローの欲求5段階説

 

このマズローの欲求5段階説は、ざっくり言えば

食欲と睡眠欲とか生理的な欲求を満たす→お金とか体の心配をする
お金とか体の心配がなくなる→友達が欲しくなったり他の人と交流したくなる
友達も増えて孤独感がなくなる→他の人から尊敬されたり認められたくなる

みたいな感じで「人間の欲求には構造的な”段階”があるんですよー」という話。

で、これは第1段階生理的欲求(お腹すいたとか眠いとか)、第2段階安全欲求(お金欲しいとか病気になりたくないとか)、第3段階社会的欲求(友達欲しいとか)、第4段階尊厳欲求(他の人に認めてほしいとか)、第5段階自己実現欲求(これが自分の生きる道や)の5段階に分かれています。ん?もう一つ段階があるのを忘れてないかって?それはややこしくなるから今回は置いとこうよ。

 

この説のポイントは、現段階の欲求を満たさないと次の段階の欲求に移れない。その段階の欲求があるということは前の段階の欲求を満たしていることになる。人間の欲求にはまさしく「階段」のようになっているんだ、ということです。

 

第一階層の「生理的欲求」は、生きていくための基本的・本能的な欲求(食べたい、寝たいなど)で、この欲求を充たせれば、次の階層「安全欲求」を求めます。
「安全欲求」には、危機を回避したい、安全・安心な暮らしがしたい(雨風をしのぐ家・健康など)という欲求が含まれます。
「安全欲求」を充たすと「社会的欲求」(集団に属したり、仲間が欲しくなったり)を求めます。この欲求が満たされない時、人は孤独感や社会的不安を感じやすくなります。
ここまでの欲求は、外的に充たされたいという思いから出てくる欲求です。

そして次に「尊厳欲求(承認欲求)」(他者から認められたい、尊敬されたい)という欲求が芽生えます。ここからは外的なモノではなく、内的な心を充たしたいという欲求に変わります。
そして、最後に「自己実現欲求」(自分の能力を引き出し創造的活動がしたいなど)の欲求が生まれます。

引用元:マズローの欲求5段階説

 

では、ざっくりとした説明を終えたところでぼくの「ブロガーの欲求0段階説」を提唱させてもらいましょう。

 

前置き今回の主張は裏付けとなる統計的な証拠等はとっていません。ぼく個人の観察のみによる推論です。それなりの理由は持ってきたつもりですが、そこはお許しを。

ブロガーの欲求0段階説

人間の欲求って基本的にはさっきのマズローの理論みたいになるんですが、ブロガーの場合ちょっと違います。

0層目:生理的欲求段階のブロガー

いません。

この段階でブログを書いていける人は存在しません。たぶん。 そもそも慢性的にこの状態に陥ってる人自体現在の日本ではまずいない。なので0層目(無し)。

 

1層目A:安全欲求段階のブロガー

稼ぐためにブログを書いています。明日の飯のためにお金が必要なんです。だったら働いた方がいいんじゃねと言われそうですが、いろいろ込み入った理由があるのです。とりあえずお金のために頑張るのです。的なブロガー。

 

1層目B:安全欲求+社会的欲求段階のブロガー

本来のマズローの説であれば、安全欲求が満たされて初めて次の親和欲求が出てくるはずですが、ブロガーは一味違う。稼いで「ふぅ、これで当面の生活は安心だ……」となる前に、「Twitterであの人と仲良くしたいなぁ」なんて思ってしまうことがあるのです。これが1層目の亜種、安全欲求+親和欲求段階のブロガーです。

 

1層目C:安全欲求+社会的欲求+尊厳欲求段階のブロガー

お金も欲しいし、他の人とつながりがないと寂しいし、他からも認められたい。欲張り屋さんです。亜種がもう一つですね。

 

1層目D:安全欲求+社会的欲求+尊厳欲求+自己実現欲求段階のブロガー

さらに亜種。お金も欲しいし、他の人とつながりがないと寂しいし、他からも認められたい…そして何か自分らしい自分にしかできないことを成し遂げたい。という状態のブロガーです。いろいろとこじらせてるんでしょうかね。でもね、けっこう多いんです。

 

2層目A:社会的欲求段階のブロガー

1層目の安全欲求を脱したブロガー。他人とつながりたいという社会的欲求を持っています。

 

2層目B:社会的欲求+尊厳欲求段階のブロガー

なんと2層目も亜種があります。社会的欲求が満たされていないにも関わらず尊厳欲求ももってしまうのです。

 

2層目C:社会的欲求+尊厳欲求段階+自己実現欲求のブロガー

なんということでしょう(以下略)

 

これを図にするとこんな感じでしょうか。

ブロガーの欲求2段階説の図

もうごちゃまぜ。段階とはいったい何だったのか。

でも実際ブロガー見てみるとこんな感じになってると思うんですよね。

お金に困っててツラい死ぬやばいって言ってるのに「俺の生きる道はこれしかないんだー」って自己実現に走ったり、周りからスゲーって思われたいっていう自己顕示欲を抑えられないけどマネタイムズ!マネタイズ!、みたいな。あ、ヒトデさんをdisってるわけじゃないです。むしろ大好きなブログです。

 

ブロガーがマズローの理論から外れる理由

最初に説明した通りマズローの欲求5段階説のポイントは「今の段階の欲求を満たさないと次の段階の欲求は出てこないし、今の段階の欲求があるってことは前の段階の欲求を満たしていることになる」という点です。

壁のようなものがあって、欲求の順番は決まっているはず。

でもさっき紹介したブロガーの欲求段階の図ではそんな壁なんておかまいなしにより上の段階の欲求もどんどん持っていってます。もはや壁なし。ボーダーレス。

 

これが最初ちょっと不思議だったんですよね。

いやマズローのやつはあくまで大枠ですし当てはまらない例外的な人がいるのは当然なんですが、それにしたってブロガーには「例外的な人」が多い。

ブログ書き始めたばっかのころは

「ゆがんでんなぁ……みんな(自分も)

とか思ってました。

でも最近はブロガー個人の問題じゃないと考えるようになりました。これはブロガーの性質そのものが一番の要因だと思うのです。

 

ブロガーの場合は稼ぐこと、他人と関わりを持つこと、他人から認められること、自分の生き様を反映させること、これ全部がより密接に影響し合います。

 

月○○○万円!△△△万PV!みたいに成果を出すことで、人が集まってきたり尊敬されたりします。

その逆に他人とのつながりや尊敬がそのまま収益に関わってきます。

自己実現に努め生き様を見せることで、お金も人も一気に集まってくることもあります。

 

意識的か無意識的は別として、ブロガーはみんなこのことを分かっているのだと思います。

全部が全部にこれほど直接的につながっているものって他にあんまりないですからね。

普通の仕事はまずつながらないんです。

歯医者さんが頑張って月収10倍にしても尊敬してくれる人の数は変わんないだろうし、山崎パン工場のバイトさんがパンにチョコを垂らす作業に自分の人生全てを凝縮しても時給はおそらく1000円のまま。

でもブロガーは全部ごちゃまぜ。全は一、一は全。そう考えるとあぁBLEACH完結悲しい

 - ブログ