ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

例年と比べて2015年夏は暑い?こんな猛暑にはどうしたらいいの?

      2015/08/05

 

暑い…。

毎年こんなことを言っている気がしますが、実際のところどうなのか。

「実際のところ例年と比べて今年は暑いのか?」

「いやそんなことはどうでもいい。」

「例年より何度高いとか低いとかは大事じゃない。夏は暑いことには変わりないんだから対策を考えるべきだ!」

「いやでもいつもより暑いのかどうかも気になるじゃない?」

今日はそんなことを解決する記事。

スポンサーリンク

 

2015年夏は例年と比べて暑いのか?

まずは気象庁のデータを見てみましょう。

ちなみにこの気象庁のデータは通常の天気予報で使わている計測条件とは異なりますので、そこはご注意を。

最近10年の気温データ

 2006年~2015年の東京月別平均気温データ

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年平均
2006 5.1 6.7 9.8 13.6 19 22.5 25.6 27.5 23.5 19.5 14.4 9.5 16.4
2007 7.6 8.6 10.8 13.7 19.8 23.2 24.4 29 25.2 19 13.3 9 17
2008 5.9 5.5 10.7 14.7 18.5 21.3 27 26.8 24.4 19.4 13.1 9.8 16.4
2009 6.8 7.8 10 15.7 20.1 22.5 26.3 26.6 23 19 13.5 9 16.7
2010 7 6.5 9.1 12.4 19 23.6 28 29.6 25.1 18.9 13.5 9.9 16.9
2011 5.1 7 8.1 14.5 18.5 22.8 27.3 27.5 25.1 19.5 14.9 7.5 16.5
2012 4.8 5.4 8.8 14.5 19.6 21.4 26.4 29.1 26.2 19.4 12.7 7.3 16.3
2013 5.5 6.2 12.1 15.2 19.8 22.9 27.3 29.2 25.2 19.8 13.5 8.3 17.1
2014 6.3 5.9 10.4 15 20.3 23.4 26.8 27.7 23.2 19.1 14.2 6.7 16.6
2015 5.8 5.7 10.3 14.5 21.1 22.1 25.6 ※ 15.0 ※

※計測中

参考リンク東京 日平均気温の月平均値(℃)

これを見ると今年の夏は例年の夏と比べて高い平均気温ではないことが分かります。(7月末時点では)

では寒暖の差が激しくて最高気温自体は例年より高いのか確認するために次に最高気温のデータを見てみましょう。

2006年~2015年の東京月別最高気温データ

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年の値
2006 8.5 10.5 14 17.5 22.7 25.4 28.6 31.1 27.1 22.9 17.9 12.5 19.9
2007 10.9 12.8 15 17.9 24 27.1 27.4 33 28.5 22.2 16.6 12.6 20.7
2008 9.4 9.6 14.9 18.4 22 24.6 30.9 30.7 27.7 22.6 16.4 13.7 20.1
2009 10.2 11.5 13.7 20.2 23.6 25.8 29.3 30.1 26.5 22.3 17 12.4 20.2
2010 11 9.9 13.2 16.6 23 27.5 31.6 33.5 29 21.8 17.2 13.7 20.7
2011 9.1 11.2 12.3 18.9 22.2 26 30.9 31.2 28.8 23 18.3 11.1 20.3
2012 8.3 9.1 12.5 18.5 23.6 24.8 30.1 33.1 29.8 23 16.3 11.2 20
2013 9.6 10.3 16.4 19.2 24.1 26.5 31.4 33.2 28.8 23 17.4 12.1 21
2014 10.6 9.8 14.5 19.6 24.7 26.9 30.5 31.2 26.9 23 17.4 11 20.5
2015 10.4 10.4 15.5 19.3 26.4 26.4 29.4 ※ 19.7 ※

※計測中

参考リンク東京 日最高気温の月平均値(℃)

この最高気温データを見ても例年より高くないことが分かります。(7月末時点では)

結論

例年より別段暑いわけではない。

という結論になりました。

連日猛暑が続いていて局所的に暑い日はあれど、平均的にならすと7月末時点では決して例年より高いというわけではなさそう。

 

人間どうも毎年「今年は違うなー」と思ってしまうみたいですね。

 

スポンサーリンク

 

暑くて寝れない時の解決方法

冷房機器について、コスパや性能を知りたい場合は以下の記事をご参考あれ。

参考リンク冷房機器のまとめ

冷房機器で快適な温度まで下げれる時は別段問題ないはず。

でもエアコン使いたくないor使えないんだけど、暑くて夜寝れないとか言う場合の対処方法も知りたいところ。

そんな時の解決方法は2つ!

1.扇風機orサーキュレーターを足元に当てる(首振りで)

足元に風を当てることで効率的に、そして首振りにすることで体を芯から冷やすことなく涼んで寝れるようになります。

ちなみに直接足に当てるのではなく、壁などに反射させて当てるとさらに良し。配置の問題もあると思いますが可能であれば壁を活用しちゃいましょ。

2.ひんやりマットをしく

自分も敷いてみているんですが、結構いい感じ。

 

ひんやりマット

 

電源もいらず、何かを補給する必要もないのでノーコストで半永久的に涼むことができます。

ちなみに感触だけが涼しく感じるものではなく、実際に体温を調整してくれるひんやりマットがいいでしょう。

最近は冷たい感じがするマットが流行っていますが、熱帯夜を過ごすには物足りないと思います。

 

これから夏本番。熱中症とかには気をつけてきましょ。

 - 雑記