ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

ビクーニャとビクーニャエックスの違い

   

ぼくも大好きで毎日使っている愛用ボールペン ビクーニャ。
最初はビクーニャっていうラインナップだけだったと思うんですけど、それからビクーニャエックスというモデルも追加されました。

「え?ビクーニャとビクーニャエックスって何か違うところあるの?新しいモデルってだけとか?」

みたいな疑問もあると思うので、それぞれの特徴と違いについて紹介していきます。

ビクーニャについて

ビクーニャ

ビクーニャの特徴といえば、なんと言ってもその滑らかな書き心地。滑らかさ、柔らかさについては右に出るボールペンはありません。

かなり軽い筆圧でも十分な量のインクが出ます。極限までスラスラ書くことに特化していています。
ただ文字くっきり型のジェットストリームとかと比べると文字の輪郭が少し柔らかめになります。これは好みですね。(ちなみにぼくはこっちのが好きです)

そこまでネームバリューがあるわけではありませんが、ご存知の通り非常に優秀な子です。

値段も普通のボールペンと変わりません。個人的にめっちゃおすすめ。

ビクーニャエックス

ビクーニャエックス

ビクーニャが極限までに柔らかさ、滑らかさを追求したモデルだとすると、この「ビクーニャエックス」は柔らかいけどビクーニャと比較すると若干硬め、そんなにインクがドバっと出ない、文字もくっきり型、バランス型のビクーニャという感じです。

ビクーニャの名前を冠していて、同じように超低粘度インキのビクーニャインキも使われていますが、実際の書き心地はどちらかというとジェットストリームに近い感じですね。

普通のボールペンとビクーニャはかなり書く感触が違うので、クセが強くて合わないなぁという人もいます。

「柔らかくて滑らかに書けるボールペンがいいけど、ビクーニャはちょっとやりすぎ」

そう感じてしまう人に向いているのがこのビクーニャエックスですね。価格帯はビクーニャと同じ。

まとめ

 

ビクーニャ:とにかく柔らかくて滑らか。軽くタッチしてもインクがちゃんと出る。

ビクーニャエックス:柔らかくて滑らかだけど、ビクーニャよりは硬め。文字の輪郭もくっきりめ。バランス型。

 

という感じです。