ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

Twitterの電話番号が認証できない原因

   

TwitterのAPIとかを使ったりすると電話番号認証が必須だったりするので追加しようとしたのですが、正しいコードを入力しているはずなのに何度やっても認証失敗。

以外な落とし穴だったので、その原因と解決策をシェア。

電話番号認証に失敗する原因

電話番号認証に失敗する原因は至ってシンプルでした。

twitter 電話認証

結論から言うと、このTwitterの電話番号認証に使う電話番号を追加する際に入力する「携帯の電話番号」に入力する携帯電話の番号を0から入力していたことが原因で失敗していました。

実はこの項目の先頭についている「+81」という数字は国番号と言って、どこの国の電話番号かを示している番号になります。(日本の国番号は81なので+81と最初から表示されています)

普段ぼくらは0から始まる番号で固定電話や携帯電話にかけていますが、国際電話として扱う時(国番号を使う時)には最初の0は不要なのです。

0を入力してもTwitterのSMS認証メッセージと認証コードは届きますし入力もできるのですが、追加している番号(登録している番号)の先頭に0が入ったままだとTwitterには認証してもらえません。

解決方法

ということで、解決方法も至ってシンプルです。

先頭の0を覗いた携帯電話の番号を入力し直して、再度認証コードを入力するだけでOKです。

例)
090xxxxxxxx→90xxxxxxxx
080xxxxxxxx→80xxxxxxxx

(Twitterの仕様が変わらない限りは)番号の先頭に0が入った時と同じ認証コード(数字)が送られてくるので、ただ同じ事を繰り返しているように思えますが、今度は以下のように認証が通ります。

twitter 電話番号 認証 完了

これでTwitterの電話番号認証は完了しました。

以上、簡単ですが参考になれば幸いです。