ぼくらの勉強

ぼくらのための勉強をしていきます。

加圧インナーを使ってみた感想

   

先日Amazonからモアプレッシャーというところの加圧インナーを買いました。

買うことにした経緯

ぼくはもともと少し猫背ぎみ。そして最近ずっとデスクワーク、コーディング作業を長時間しているのでなんかこう……背筋をぴーんと伸ばしている時間というのが減ってきているなぁみたいに感じていました。

意識改革だけで矯正できればいいんですけど、それでできるならこんな心配なんてしていないわけで。

ということで白羽の矢が立ったのがAmazonでチラ見してずっと欲しいものリストに入れたまま放置していた加圧インナー。

商品外観(開封の儀)

加圧Tシャツ

こんな感じの透明なパックに入ってきました。

加圧Tシャツ

写真だと分かりにくいかもしれませんが、かなり細めで縦長のシルエットになっています。取り出した瞬間普通のTシャツと違うのを感じます。

特徴

この加圧Tシャツの特徴をすごく簡単にまとめると、ゴムのようなものがTシャツの胸部、肩部、腹部にあって、それで常に強く締め付けられることで姿勢を矯正できる(胸を張った状態にできる)というもの。

着てみた感想

結論から言うと正直微妙でした。

ゴムの力で袖口等が狭い分、着る時はけっこう苦労します。しかし一旦着てしまうと何故かゴムの力弱く感じます。てか弱いです。少なくても姿勢矯正できる強さではないと思います。そしてゴム自体も固くて、悪い意味でメリハリが効きすぎてます。

さらに言えば、ゴムが効いている場所が良くない。主に肩、三角筋のあたりは締め付けられている感じがするのですが、猫背を解消するには胸が張るように胸筋部または肩甲骨部に聞かせなければいけないと思うのですが……残念。

サイズ選び

この加圧TシャツはXS/S、M/Lサイズの2サイズ展開。適性身長、適性胸囲は以下のようになっています。

XS/S共通(身長150-164cm,胸囲70-85cm)
M/L(身長165-188cm,胸囲84-103cm)

しかしぼく自身ゴムの力を(姿勢矯正ができるほどには)あまり感じなかったことや、Amazonのレビューの中では推奨サイズよりも小さめなサイズを推奨していること、基本的には少し小さめを意識した方がいいとは思います。

まとめ

結局、この加圧Tシャツでは姿勢矯正はまず無理だという結論に。

ていうかこれ系だったらあれの方がずっと良いです。あれ。王道のアンダーアーマーのインナー。

あれの方がずっと締め付けられてる感強くて姿勢矯正になるし、着心地も段違いだし、スポーツウェアとか防寒着とかいろいろ他の用途に使えます。

という感じで結局ぼくの姿勢矯正のインナー暫定1位はアンダーアーマーのインナーウェアです。